電話番号03-3402-1481
お問い合わせ
JBATS
Japan Baseball Athletic
Trainers Society

事務局だより バックナンバー


2014年 JBATSのMLBインターンシップ 03/28/2014 update

おかげさまで2014年度のJBATSのMLBインターンシップが無事に終わりました。参加者の皆さま、本当にお疲れ様でした。

今回の参加者はアメリカにてATCを目指すべく留学中の4人に絞られました。女性ひとり男性3人がカリフォルニア、ネバダ、ユタ、コロラドから集まり、集合日その日から初めて会ったとは思えない勢いで結束しました。

そのエネルギー感と積極的な姿勢が影響したのか、いつもは慎重なパドレス側のスタッフが初日からインターンへの技術指導に時間を割いてくれていました。インターン期間である1週間は通常は短いと感じるのですが、今回は初日から相当濃い活動となり、頭も身体も精一杯であったと思います。 夕食後も部屋に集まってその日に得た内容や技術を練習したりと寝る間を惜しんでチームの一員になる努力を続けていたようです。おかげで学校の課題になかなか時間が割けず、割けば体力が奪われて倒れそうになりと、、、次回参加される方はぜひ宿題が無いようプログラム・ディレクターへお願いしてくださいませ。

それにしても、私たちはこの2週間だけですがチームトレーナーはこれを2ヶ月続けているのですからその熱意と体力には恐れ入ります。ビッグリーグで生き残るにはその二つと常に学び続ける姿勢が必要なのです。その上でヘッド・アスレティックトレーナーは責任者としてのストレスを常に抱えています。フェアウェル・ディナーでは、それを知ることで少しは彼らの労いになれたのではと思っています。

事務局スタッフがスーパーバイザーとして現場に来るようになって今回で5年目ですが、ひとつ気づいたことがあります。パドレスのキャンプでは、バド・ブラック監督がインターンへの任務を告げて公式にチームの一員になる儀式が恒例となっています。そのことをインターンたちは噂には聞いていたはずですが、改めてチームのプレーヤー、スタッフ全員を前にするとがぜん緊張度が上がります! その際、チームの伝説に残るトレバー・ホフマン臨時コーチが「俺、トレバー、トレバー、ほんとに覚えてね俺トレバーだから!」と頭を下げるのに対して インターンの二人は「えーっと誰でしたっけ?」と真剣ながらもボケているのです。 こういったやりとりに、事務局スタッフはこのインターンシップが続いているツボを見た気がしました。

野球ファンであれば知らぬ人はいないような人物でも、変わらぬ対応。トレーナーは対象者を「名前」で診るのではなく「身体」で「人」を診ている。エントリーレベルのトレーナーこそ素のままを表現できるので、スター選手でさえ謙虚な気持ちを思い出させるのではないしょうか。参加者の皆さまが純粋さを保ち続けてくれる限り、このプログラムはこれからも末長く春の風物詩として継続されることでしょう。

JBATSのインターンシップは1995年から始まって20年目となり、来年には 100人目の参加者を数えることになります。PBATSは今年はヨーロッパからのインターンをアリゾナで受け入れるなど、国内の次世代だけでなく、競技、国境を超えてメジャー・リーグで培われた技術・経験・システムを少しでも伝えようとチャレンジしています。 多忙な業務のなかでこのプログラムを受け入れてくださるPBATS、各チームの皆さま、2003から2008年まで運営を支えていただいた株式会社キネシオ様、今年より活動へのご協賛をいただいている株式会社THINK様、なにより勇気と情熱を持って参加されたインターンの皆さまへ感謝申し上げます。

JBATS事務局


2012 JBATSインターンが決定しました 02/05/2012 update

アリゾナ州ピオリアで行われるメジャーリーグ・スプリングトレーニングに参加するインターンが決定しました。 シアトル・マリナーズへは井上公裕さん、津村真司さん、 サンディエゴ・パドレスへは岩松真理恵さん、近藤めぐみさん、 今回より派遣を再開したテキサス・レンジャーズへは高倉昌宏さん、 以上の5名が3/1から2週間トップチームの選手とともに行動します。 3月にはマリナーズが東京ドームにて開幕戦を迎えることもあり PBATS担当者のリック・グリフィン氏から、過去の参加者と懇親会をしたいとのお誘いが来ております。 来日中はチームスケジュール優先になるので日時等は確定してないのですが JBATSインターン経験者の方でご参加希望の方はぜひ事務局までご連絡ください!

JBATS事務局


東北復興支援活動のご報告 06/07/2011 update

6月4日土曜日、仙台市泉区にてリトルリーグ全日本選手権に向けての宮城県予選が行われ、東北連盟傘下の15チームへ向けてトレーナーキットを寄贈するとともに装備品の使用法、肩のコンディショニングなどのミニ講習を行ってまいりました。 詳細はセラピスト系の刊行物にてご紹介していきますのでお楽しみに!




PBATSより義援金のご協力をいただきました 04/02/2011 update

今回の東北関東大地震を受け、 米国メジャーリーグへ所属するアスレティック・トレーナーを中心に情報の共有や発信を内外へ行う組織、 PBATS(プロフェッショナル・ベースボール・アスレティック・トレーナーズ・ソサエティ)より 2000ドル分の義援金がシアトル・マリナーズ、ヘッドアスレティック・トレーナーのリック・グリフィン氏を通して JBATS事務局へ届けられました。 グリフィン氏はJBATS代表川島とともにPBATSの国際的な活動プログラムとして 90年代におけるセミナー活動、奨学金制度、 そして現在まで継続しているアリゾナ・インターンシップの担当者として尽力されていることから とても日本との親交が厚く、 今年のアリゾナ・インターンシップ中に起きた震災をとても心配されており、 この度のご協力を得られることとなりました。 「わずかではありますが被災された地域への復興へお役立てください。」とグリフィン氏。 JBATSとしてもこの応援を受け被災地域への復興の一助になるべくできる限りのサポートをいたします。

JBATS事務局


お知らせ 02/13/2011 update

今年も開催できることになりました、アリゾナでのスプリング・トレーニング参加。 関係者の皆さまには感謝しております。 1995年より始まり細々と活動を続けて参りましたが、 株式会社キネシオ様のご協力もあり、現在までに参加者80名を数えるまでになりました。 過去に参加された方々には、ぜひ近況をお知らせいただきたくお願い申し上げます。 簡単に現在の活動先、内容などをお知らせくだされば幸いです。 宛先はこちらまで。 お待ちいたしております!!


2011アリゾナ研修者決定 02/08/2011 update

2011年度のMLBアリゾナ研修者が決定しました! 今年はアメリカにてアスレティック・トレーニングを勉強されている2名と、 日本から参加される2名が2月28日より3月14日まで2週間、 メジャーリーグのヘッドトレーナー指導のもと研修にチャレンジしてきます! 一原 克裕さん ( Bridgewater State College 在学中 ) 柿木園 純平さん( 東京都から参加の鍼灸師 ) 以上2名がマリナーズ 佐藤 大樹さん( Grand Canyon University 在学中 ) 畠山 智行さん( 秋田県から参加の理学療法士 ) 以上2名がパドレス 本場メジャーリーグでのプロフェッショナルの現場を「見学」ではなく「体験」できる貴重な時間となるはずです。 今年はバックグラウンドの異なる方達の参加になりますので交流もまた楽しみです。 現地から活動報告をしますのでお楽しみに!


アリゾナ研修者決定 02/26/10 update

2010年度のMLBアリゾナ研修者が決定しました! 今回は、アメリカにてアスレティック・トレーニングを勉強されている4人の方が2月28日より3月14日まで2週間、 メジャーリーグのヘッドトレーナー指導のもと研修にチャレンジしてきます! 山田 幸一さん (Humboldt State University 在学中) 吉田 はな子さん(Texas State University 在学中) 以上2名がマリナーズ 日高 雄一郎さん(Wichita State University 在学中) 清水 亜耶香さん(Northeastern University 在学中) 以上2名がパドレス 本場ビッグリーグでのプロフェッショナルの現場を体験できる貴重な時間となるはずです。 現地から活動報告をしますのでお楽しみに!








HOME PageTOP